脱毛をしたい人!ますは永久脱毛について詳しく知ろう

今すぐ永久脱毛を予約する 湘南美容外科のオフィシャルHP

皆さんは、脱毛には種類があるということをご存知でしたか?

脱毛には主に、不再生脱毛と永久脱毛があります。

不再生脱毛は脱毛サロンで施術を受けることができ、体毛を減らすことはできるものの、永久脱毛には分類されません。

一方、永久脱毛はクリニックで行われています。

不再生脱毛も永久脱毛も、毛のサイクルに合わせて施術を行うと点では同じですが、その内容は大きく異なるのが特徴です。

私たちの体にある体毛は、すべて皮膚の奥にある毛母細胞や毛乳頭細胞によって作られています。

永久脱毛では、この毛母細胞や毛乳頭細胞を破壊する力が強いため、「体毛が生えてくる原因」を根こそぎなくすことができるのです。

その結果、完全な永久脱毛が可能となります。

ただ、永久脱毛は効果が表れやすい反面、出力の強い脱毛機器を使用するので、それだけ施術時の痛みも感じやすいといったデメリットもあります。

そこでクリニックでは、負担を軽くするために麻酔を使用することも。

一口に麻酔といっても、不安や緊張を和らげてくれる笑気麻酔や、クリームやテープタイプの麻酔、全身麻酔の簡易バージョンともいえる静脈麻酔など、種類も様々です。

麻酔と聞くと不安を感じるかもしれませんが、医師がしっかりと管理を行ってくれるので安心。

この安心感も、永久脱毛の魅力です。

永久脱毛 医療脱毛か脱毛サロンか、貴女はどちらですか?

永久脱毛しようとした場合、セルフ脱毛ではかなり難易度が高く、困難です。

となると、選択肢は医療脱毛か脱毛サロンになります。

医療脱毛の場合は「レーザー」で、脱毛サロンなら「光(ブラッシュ)」と呼び方が変わります。

どちらも毛根部分を弱らすことにより、ムダ毛がはえてくるのを阻害するのが目的です。

この二つの違いを簡単に言うと、力です。

レーザーの方が力が強く、効果が出易いとう特徴があります。

では、医療脱毛の方がいいのか?と問われると、一概にそうとは断言できません。

医療脱毛の最大のデメリット、それは料金の高さです。

医療脱毛は名が示す通り医療機関で行います。

通常の治療であれば保険が使えるため、高額になることはそれほど多くありません。

しかし脱毛や美容整形は治療行為ではないため、保険が適用されません、それが料金に反映されるのです。

また、レーザーがムダ毛周辺の肌に刺激を与え、それが痛みとなるのもデメリットの一つです。

脱毛サロンは、一回の効果は医療脱毛に及びませんが、料金がリーズナブルで、肌への影響も小さくなるメリットがあります(医療脱毛は肌に傷を残す、という意味ではない)。

どちらもメリット・デメリットがあるので自分の脱毛プランに合う方を選びましょう。

クリニックの永久脱毛も完了まで1年は時間がかかります

脱毛サロンや家庭用脱毛器では出力が制限されていて、永久脱毛は出来ません。

なのでクリニックで脱毛を受けることになりますが、脱毛の効果が高く、脱毛にかかる回数が少なくなるクリニックでの脱毛でも、永久脱毛にはそれなりの期間がかかります。

クリニックの脱毛は効果が高く、脱毛効果を受けた毛乳頭は1・2回の脱毛で破壊されて、毛を生やせなくなります。

ですがそもそも、体にある毛穴の内、脱毛効果のある毛周期の毛穴は3割前後ほどです。

1度脱毛を受けたあとは、それまで効果のなかった毛穴の毛周期が、脱毛効果を受けられる成長期に移行するまで待たないといけないので、どうしても間隔が数ヶ月空いてしまいます。

いくら脱毛効果が高く、必要な回数が少なくなると言っても、6・7回の脱毛は必要になり、それぞれに2ヶ月以上、待つ必要があります。

実際にはクリニックと受ける側のスケジュールが合って丸2ヶ月で予約が取れることはまず無く、できるだけ早く受けようとしても数日はロスが出るものなので、完全に永久脱毛が終わって、ムダ毛の手入れをしなくてもツルツルな肌が維持できるようになるには、1年から1年半ほどはかかると見ていいでしょう。

ただ、脱毛が終わるまで1年はかかると言うだけで、効果が出始めるのはもっと早く、半年もすれば脱毛を受けた箇所のムダ毛が減ってくるのが実感できるはずです。

コメントは受け付けていません。